1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

渋柿の渋抜き~焼酎・リンゴ・短時間で(^O^)/

2015/10/7

我が家の柿です(^∇^)

DSC_0330[1]

父が40年近く前に植えました。
その時、渋柿があったら干し柿にしようと思ったのか、渋柿1本、甘柿2本を隣り合わせに植えました(~-~;)ヾ(-_-;)
結果、花が咲くと、渋柿の花粉が甘柿へ、甘柿が渋柿へと混ざってしまう状態が発生してしまいましたo(T^T)o
甘柿も、微妙に渋い・・・・・

で、毎年柿を渋抜きしていますC= (-。- )

用意するのは35℃の焼酎。ワンカップ200円くらいです。

DSC_0331[1]

1,柿をきれいに洗い、乾かします。
2,ボールに焼酎を入れ、乾かした柿をまんべんなくその中で転がしてます。

DSC_0332[1]

3,バットの上にビニール袋をおいて、その中にヘタを上にして2の柿を入れます。

DSC_0333[1]

4,きっちりビニールの口を閉めて、約2週間くらいこのまま保存します。
甘い、渋の抜けた柿の出来上がりヽ(^◇^*)/
でも、食べられるようになるのに、2週間は長いですよね~

そこで、ネットを検索してみました。
まずは、柿の皮を剥く。
同じように、焼酎の中で転がしてビニールの中に入れる。

DSC_0334[1]

3日ほどで食べられるそうです\(^▽^)/

続いて、リンゴと柿を同じ袋に入れて、密封して1週間!
完熟柿ができるそうで( ̄^ ̄)ゞ

DSC_0335[1]

3日、1週間、2週間ということで、順番に食べられるではないですかヘ(__ヘ)☆\(^^;
楽しみが!

DSC_0336[1]

結果は、あとから追加でいれますね~

PS,
2015/10/10
皮を剥いた柿を食べてみました。残念ながら、水気が飛んでしまっていました。もう一度うすくむいて食べてみましたが、あまりおいしくない(T_T)おすすめはしません・・・

2015/10/11
リンゴといっしょにいれていた柿。熟し柿になっていました。スプーンで美味しくいただきました。確かに早い!

2015/10/12
焼酎に漬けた柿。元は甘柿とのミックスだからか、この時点で渋みは抜けています。
このまま置いておくと、熟し柿になりそうなので、冷蔵庫に入れました。柔らかいものから順に食べていこうと思います(^∇^)

難点はどの柿も柔らかいこと~誰かにあげるということは出来そうにありません。移動中につぶれそうC= (-。- )

ブログランキングに参加しています(^_^)
クリックしていただければ嬉しいです。
にほんブログ村 グルメブログ 兵庫・神戸食べ歩きへ

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ





スポンサーサイト
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
【 2015/10/08 】 編集
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。