FC2ブログ
01123456789101112131415161718192021222324252627282903

家庭菜園 種まき&畳干しと新聞紙

2015/9/23

やっと秋の野菜の種まきをしました~!

DSC_0294[1]

いつも、大体同じ野菜を植えます。
でも、そんなにたくさん植えても食べきれないので、種が残ってしまいます。
残った種は密封して冷蔵庫へ。そうすると、2~3年目でも十分発芽します。
今年買ったのは、洋人参と金時人参を掛け合わせて作られた新種o(^o^)o
金時人参は好きなのですが、やけにお高目!ならば作ろうと(^O^)/
少し時期が遅いです、人参は9月初め、金時なら8月中に植えないと赤い色が付かないそうです
o(T^T)o
雪白体菜・・・・・あまりきかない菜だと思いますが、杓子菜といえばわかります?
お漬物に、白菜の代わりの煮物にとても重宝します。白菜みたいに巻きませんからとても作りやすい、それに花が咲くころには菜の花がとれて、最後まで美味しくいただけます(^∇^)

DSC_0295[1]

牛ふん2、鶏ふん1、石灰で土づくりをし、化成肥料を元肥にして種まきv(*'-^*)-☆
あとは、芽がでたらいいな~と思いながら水まきだけ\(*⌒0⌒)b

青紫蘇の花が咲いてしまいました(-.-;)
長い間重宝していたのですが、花が咲いてしまうと葉は固くなってしまいます。
後は、お刺身のツマくらい?

DSC_0296[1]

新芽がでると、鳥が食べてしまうので、すぐに鳥除けの脅かしをします。
このキラキラテープは、お値段も安くて使いやすいのでお気に入り
(´▽`)ノ
20150924091411b6a.jpg

古いCDをぶら下げて、鳥対策はOK
( ̄∇ ̄)

オクラと、紫蘇、シシトウを抜いて秋茄子が終わるのを待ちます。全部終わったら、こちらには玉ねぎを植える予定です(´▽`)ノ

畳干しε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

連休中はお天気が続いていたので、思い切って畳を干しました(;^_^A
前から畳の下にカビが来ていないか気になっていたので(-。-;)

DSC_0298[1]

さいわい、カビは気にするほどではありませんでした。
以前、新聞に防虫効果と湿気取りの効果があるということで一面敷いていたのですが、敷いていた和室と、敷いていなかった和室を比べると、敷いてなかった方が湿気がない!
もともと新築時に、防虫防カビ用のシートがはられており、それだけの方がよかったようです
(T^T)
せっせと拭き掃除をし、除菌とダニよけのスプレーを吹き付けて元通り(^∇^)
頑張った旦那様は、休みなのにしんどいとブチブチ(*´~`*)
お疲れさまでした
【 2015/09/23 】 家庭菜園 | TB(-) | CM(1)

デンドロビューム 高芽の植え付け

デンドロビュームの鉢を変えてあげたのが4月
何がいけなかったのか、高芽がいっぱいできてしまいました。
調べたところ、植え替えの時ラン用の土の配合でしたのですが、デンドロビュームは苔でないといけなかったようで、これが原因かと思われますΣ( ̄Д ̄;)

2015072001.jpg

左が高芽がついて、切り落とした後の鉢です。
こちらも後から苔にやり直しをしました。
しっかりと根がでています┐( ̄ヘ ̄)┌
ほんとうはこの部分がうまく育てていたら花になるそうです。
難しいですね、アバウトな性格の私には、なかなか難しい(x_x)

2015072002.jpg

発泡スチロール、素焼きの鉢のカケラなどを入れて水はけを良くし、根を苔で包むようにして鉢に入れる。
横からきっちり苔を入れて、支柱をたてて形を整える。

これで2年くらい育てば花をつけることができるそうですが、どうなることやら。
枯れてもいいように、すべて1本ずつ鉢に植え付けました。
(売っている鉢を見ると、3本くらい一緒に入っていますが)
来年お花は無理ですので、落ち着いた頃肥料を入れて様子を見ていきたいと思います。

花を咲かせるには、8月くらいから肥料を絶ち、秋に外に出して少し寒さにあてないといけないそうです。
まだまだ先の話になりそうだから、それまでによく勉強しようと思いますε=( ̄。 ̄;)

【 2015/07/20 】 家庭菜園 | TB(-) | CM(0)

ジップロックで梅シロップ PARTⅡ&梅ジャム

2015/7/16
冷蔵庫で、約1か月寝ていた梅シロップ、やっとザラメが全部解けました~( ̄∇ ̄)~

DSC_0162[1]

あめ色ですね~、完熟梅とザラメでするとこんな感じです。
梅とシロップを分けます。
シロップを鍋に入れて、一煮立ちさせて熱いままで耐熱容器に入れて冷めたら冷蔵庫へヾ(^^ )

DSC_0163.jpg

梅は、頑張って種と実を分けます。
種についた果肉の部分を包丁でこそぎ落とし、皮の部分はみじん切りにします(フードプロセッサーを使う人もいるようですよ)
鍋に入れて、水を実や皮が隠れるくらいに入れて、火にかけます。
柔らかくなったら、ザラメ300gを何回かに分けて入れて溶かします。
灰汁が出たらとりましょう。
煮沸消毒したジャムの瓶に、熱いまま入れます。
梅ジャムの出来上がり(>▽<)b

DSC_0167[1]

とても濃い梅シロップですので、マグカップに大さじ1杯くらいで充分なくらいです。
前回、氷砂糖で作った時よりコクのあるお味に仕上がりました。
ただ、色は濃いですね、このみかなv(*'-^*)-☆
【 2015/07/16 】 家庭菜園 | TB(-) | CM(0)

紅しょうが 1週間後 我が家のトマトρ(´ー`)

2015/7/4

先週漬けたしょうがを確認したところ、黄色信号( ̄▽ ̄;)!!
紫蘇の上の方が、うっすらと白い!

DSC_0137[1]

写真では分かりにくいですがカビの発生です(T.T )( T.T)

そっと紫蘇を取り除いて、しょうがの確認。
しょうがは大丈夫そうですC=(^◇^ ;

しょうがをホワイトリカーで消毒して、新しい梅酢と保存しておいた紫蘇をかぶせて冷蔵庫へ。
これで、1年間分の紅しょうがはOKです(^∇^)

DSC_0138[1]

きれいな紅色です(*゚▽゚)*。_。)*

DSC_0142[1]

DSC_0141[1]

そして我が家で採れたトマト!
大玉とフルーツトマトです(^∇^)

DSC_0134[1]

ミニトマトが先にとれたのですが、甘みが少ないような気がしたので、有機肥料を追い肥に入れます。
甘い実物の野菜を作るときは、有機肥料を入れた方がいいそうです。
化成肥料は、大きくはなるけど味は今一、家で食べるものは形や大きさより味ですよねε=ε=ε=ε=ε=(o゚ー゚)o
肥料を求めて、ホームセンターに走りました

DSC_0146[1]


【 2015/07/05 】 家庭菜園 | TB(-) | CM(0)

紅ショウガ作りと小梅の土用干し(少し早いけど)

2015/6/28

お店で紅ショウガを買おうとすると、たいてい中国産( ̄ー ̄?).....??
あまり買いたくない・・・・
で、毎年少しだけ紅ショウガをつけています。

まずは新生姜を2袋(700gくらい)
皮を剥いて(傷んだところとかあるとカビなど来やすいので、私はしっかり目に皮を剥きます)4%くらいの粗塩をもみこみます。
このくらいのしょうがの量だと、大さじ山盛り1杯くらいの塩です。
この時ホワイトリカーを小皿に入れてその中で転がしてから、ビニール袋にいれ塩を振りこんで揉みます。

DSC_0103[1]

DSC_0109[2]

ビニール袋に入れて一晩おくと、水が出てきます。

DSC_0110[1]

キッチンペーパーで水分をとり、ザル等に重ならないように広げて一日干します。

DSC_0116[1]

先に作ってある梅酢の中にしょうがを入れ、シソで蓋をします。

DSC_0120[1]

DSC_0121[1]

これで一週間後に梅酢の入れ替えをします。
しょうがから水が出て、梅酢が悪くなり日持ちがしなくなるためです。

小梅もほど良く漬かりました。

DSC_0114[1]

竹のざるに拡げて、一日、陽に干しました。
小梅の完熟を使っているので、これ以上干すと実がなくならないかと心配≧(´▽`)≦
梅酢に火を通して、ホワイトリカーで消毒したビンに、梅、梅酢、シソの順に入れます。

DSC_0124[1]

これで常温で一年持つはずですがd( ̄  ̄) ヾ(^o^;
様子を見ていきます~

DSC_0118[1]

家庭菜園は、葉がにぎやかになりましたヽ(´~`;






【 2015/07/01 】 家庭菜園 | TB(-) | CM(0)